持続可能な開発目標=SDGs(Sustainable Development Goals)(4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログ、「こちら外国人労働者の人事部 はじめて外国人労働者を受入れる人事部のためのブログ」はどうしたら外国人労働者の人たちが「安全に」、「心地よく」働けるか?のソリューションを探っていく企画です。それが達成されれば、我田引水かも知れませんが、SDGsの17の目標の内の複数の目標を達成したと認識され、達成された企業のCSR的にも国内外から大きな評価を頂けると思います。

 

 

今回も㈱レスポンスアビリティ(https://www.google.co.jp/)の足立直樹代表のメルマガからの記事を紹介させてください。実はこの方、国立環境研究所出身の理学博士で、CSRに関心の高い上場企業にも数多くコンサルティングされている環境分野を始めとしたESG/SDGsの第一人者です。

=====

4)SDGsをマッピングに終わらせないで!

最近いろいろなところでSDGsについての話を聞きます。CSR関係者で話題なるだけでなく、有名人やお笑いの方々がSDGsのキャンペーンに参加するなどして、一般の方々の間で認知度が上がりつつあるようです。ひょっとしたら、SDGsは大流行になるのかもしれません。

飢餓や貧困という、これまで少し「遠かった」話題が、日常会話や日常業務の中でも交わされるようになるとすればとても良いことなのですが、ただの流行で終わってしまうのではないかと心配する声も聞きます。

そして実際、「先進的」とされる企業においてすらしばしば見られるのですが、これまで自社で行なってきたCSRや社会貢献の活動とSDGsの17の目標を紐付けして、すなわち「マッピング」で終わって満足している場合もあるようです。

もちろん事業活動との関係性を考えることには大きな意味があります。しかし、それが単なるマッピングで終わってしまっては、当の企業にとってもあまりメリットはないでしょう。なぜなら、それではSDGsから新しい発想、そして新しい活動が生まれないので、企業として新しい価値を生み出すこともないからです。企業活動にとって重要なのは、いかに価値を生み出すかであり、新たな価値を発見し創り出すことこそ、経営視点からのSDGsの意義なのです。

「我が社のSDGsの取り組みがうまく行っているのかどうかよくわからない。」 もしあなたがそんな風に思われるのだとしたら、確認する方法は簡単です。それが新しい価値を生み出しているか? 生み出しているとしたら、それはどのぐらいの大きさの価値なのか? それを考えてみれば分かるからです。

もしかすると、これを読んでドキッとした方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、安心してください。SDGsから新しい価値を見つけるのは、それほど難しいことではないからです。

SDGsの重要な点は、私たちが取り組むべき課題を17に整理してくれていることであることは言うまでもありません。それでは、もう一つ重要な点があるとしたら、それは何でしょうか? それは、2030年と年限を明確に決めていることだと考えます。

SDGsの一つひとつの課題が重要であることに異論はないでしょう。そのいくつかを解決するために貢献をすることは、どんな会社でも賛同するでしょうし、実際にそのための活動もできるでしょう。

しかし問題は、2030年までに地球全体で達成できるかどうかです。2030年までに、つまりこれから13年間で目標と現状のギャップを完全に埋めようとすれば、やるべきことはグッと具体的にならざるを得ません。

このように、目標から現状に逆算してやるべきことを明確にしてくれることこそ、SDGsの重要なメリットだと思います。

SDGsがすべての企業が取り組むべきテーマとなり、持続可能な社会がどんどん近づくのはとても喜ぶべきことです。しかし同時に、私たち企業は価値を生み出す必要があり、そのことだけが利益をもたらしてくれるのです。SDGsがコストになるのではなく、実のある投資となるようにするためにも、どのように価値を生み出しているかを意識したいものです。

=====

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人労働者との対話力アップに必ずお役に立ちます

日本で働く外国人を動画でサポート

外国語動画制作のバイリンガルサポートはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*