持続可能な開発目標=SDGs(Sustainable Development Goals)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。 そもそもどう発音するかというと、SDGs(エス・ディー・ジーズ)です。(最後のsはGoalの複数形のsで「複数の目標」と言う意味で使ってますので略称もGにくっつけてGs(ジーズ)にしてます。)

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が我々の世界を(地球を)将来的により良く持続可能なものにしていく為に、2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた17の目標(ゴール)です。

このブログ、「こちら外国人労働者の人事部 はじめて外国人労働者を受入れる人事部のためのブログ」はどうしたら外国人労働者の人たちが「安全に」、「心地よく」働けるか?のソリューションを探っていく企画です。それが達成されれば、我田引水かも知れませんが、SDGsの17の目標の内の複数の目標を達成したと認識され、達成された企業のCSR的にも国内外から大きな評価を頂けると思います。

そこで本日から何回かに分けて「SDGsとはそもそも何か?」「何をすれば良いの?具体的事例はあるの?」「似たようなカテゴリーでESGとかCSRとか言うのもあるけど何が違うの?」と言った、いまさら聞けない疑問を少しずつ解きほぐしていきたいと思います。

 

1)SDGsの17の目標とは何か?

SDGsは17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。ここでは169のターゲットまでは触れるスペースがありませんので、まずは17の目標について列挙させて頂きます。

①貧困をなくそう:あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

②飢餓をゼロ:飢餓に終止符を打ち食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能なの農業を推進する

③すべての人に健康と福祉を:あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

④質の高い教育をみんなに:すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する

⑤ジェンダー平等を実現しよう:ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う

⑥安全な水とトイレを世界中に:すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する

⑦エネルギーをみんなに、そしてクリーンに:すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する

⑧働きがいも経済成長も:包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

⑨産業と技術革新の基盤を作ろう::強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る

⑩人や国の不平等をなくそう:各国内及び各国間の不平等を是正する

⑪住み続けられるまちづくりを:包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する

⑫つくる責任、つかう責任:持続可能な生産消費形態を確保する

⑬気候変動に具体的な対策を:気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる

⑭海の豊かさをまもろう:持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する

⑮陸の豊かさもまもろう:陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する

⑯平和と公正をすべてのひとに:持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する

⑰パートナーシップで目標を達成しよう:持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

う~ん、まだ今一つ何の事やら?よくわかりませんね。次回以降、具体例も交えながらお話します。引き続き宜しくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人労働者との対話力アップに必ずお役に立ちます

日本で働く外国人を動画でサポート

外国語動画制作のバイリンガルサポートはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*