正社員にしたいのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

技能実習制度を活用し、ベトナムから数名採用してみたところ非常に覚えも良く、丁寧な作業をしてくれる実習生がいたので正規雇用したいと思ったら、制度上、なかなか上手くいかなくて断念した。よくそんな話を耳にします。

人柄も良く、仕事は正確かつ丁寧。給料もさほど高くもない。与えられたタスクを的確にこなすだけではなく、自身から進んで難しいことにもチャレンジしていく精神を持つ実習生。技能実習期間満了だからと言って手放すのは惜しいと思うのはごく自然なことかもしれません。優秀な実習生ならば、3年~5年も経過すれば必要な技術が身につくだけではなく、今後派遣されてくる実習生を効率よく教えることもできるかもしれません。しかし、現行では実習期間が終わった実習生は帰国を余儀なくされ、実習生として再度戻ることは許されていません。

技能実習生が入国する際は、入国の時点で雇用契約を結び、在留資格は企業単独型1または団体管理型1という「技能実習生」用の枠での在留資格が付与されます。ただし、資格を更新していくには決まった期間で日本語、そして技術を習得し、試験を受けなくてはならず、更新申請をしても企業単独型2、団体管理型2へ移行されるだけです。この更新は、在留資格の有効期限が延長になるわけではありません。実習生の在留期間はあくまでも通しで3年。(ただし建設分野のように最大5年になるケースもあります)

では何故元実習生だった人が正規雇用され、在留資格を得ているのでしょう?

現時点の日本の入国管理法の下でも、必ずという確約はありませんが、実習生が実習期間満了後、日本に合法的に居残る方法もあります。そのひとつとしてあげられるのは、実習生としての在留資格が切れるまでに、日本の専門学校または大学に入学することが求められます。彼らは卒業まで学生ビザにて在留、改めて実習先だった職場または類似した職場にパート雇用(とはいっても学生ビザに許されている週28時間以内)の形式で就職することができます。そしてその専門学校や大学を卒業後、その会社に就職してしまえば、労働ビザに切り替わるので自身の国籍を放棄することなく滞在することが可能になります。

しかし、留学をするには「時間」、および「金銭面」で彼らを圧迫するだけではなく、彼らを正式雇用したいと思った側としても、留学費までサポートすることまではなかなかできないのが現実的なところです。実習生に来日する際、借金があったらなおさらです。

法を犯したくはないが、どうしても日本に残りたい。

僅かではありますがそんな声も聞こえてくることがあります。この場合、母国へ戻ることを諦め「難民」になる道を選択すること等、その人に応じてまったく道がないわけではありませんが、この方法も決して100%ではありません。年々増え続ける不法滞在や、失踪、雇用期間満了前の身勝手な帰国などが足をひっぱり、様々な理由で長期在留への道が閉ざされてきています。ここ数年の人材不足が実習生の受け入れの突破口にはなりましたが、まだまだ課題があります。少しでも早く、制度が改善され、長期滞在することや、転職、待遇等が変わっていくことを願うばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人技能実習生のOJTに要する手間と時間を大幅に削減!

動画でOJT:働く外国人のための字幕付ビデオ

動画でOJTの詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*