外国人労働者の日本語能力はどれくらい⁉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で働く外国人たちの在留資格には、いくつかの種類があることはすでに何度かお話してきましたが、今回は、外国人たちがどれほどの日本語を理解できるかを判断できる「日本語能力試験」についてお話したいと思います。

 

「日本語能力試験」というのは、日本語を母国語としない人々の日本語能力を精査し、そのレベルを認定する試験です。およそ30年前の1984年に、国際交流基金と日本国際教育協会が設立したこの試験は、日本へ勉学、労働、移住のために来る外国人にとっては避けて通れないものです。

試験は、3つのカテゴリーに分けられます。「言語知識」、「読解」、「聴解」の3つを総合的に判断し、日本語でのコミュニケーション力がどれほどあるかを試されます。

試験には、N1からN5までの5段階のレベルがあり、N1が最高レベルとなります。N1とN2の試験は、現実の生活の幅広い場面で使われる日本語がどのくらい理解できるかを測るもので、いわゆるビジネスレベルの日本語理解力が必要となります。

雇い入れようとする外国人がどの日本語レベルであるかによって、彼らに指示する業務内容や、現場での対応方法が大きく変わってくるため、事前に確認をしておくことが重要です。

また、レベルが高ければ高いほど在留資格の条件が良くなったり、期間が延長できたりするため、この試験は雇い入れる側の将来をも大きく左右するものと言えるでしょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人実習生が安全教育と日本での生活習慣を学べるビデオです

ベトナム人実習生サポートムービー

外国人実習生サポートムービーはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*