意外な結果が浮き彫りになった

厚生労働省によると、外国人労働者数は100万人超(2016年10月末時点)。国別では中国が最も多く34万人、次いでベトナム17万人、フィリピン12万人となっている。

労働環境や、日本での仕事の仕方、風習などに関しマイナビによってインタビューが実施された結果、意外な結果が浮き彫りになった。

続きを読む

日本で何をしているのですか?

交通の便がよい住宅街、または大使館や、外資系の借り上げ住宅が多い地域にいると様々な国の人と出会います。

大使館にお勤めの人、外資系企業にお勤めの人。。。そこに交じって子供たちを連れて歩く東南アジア系の女性たち…いい服を着て買い物をする東南アジア系の女性たち。。。日本で一体何をしているのでしょう?

そんな疑問を抱いていた時、縁あって知り合いになったフィリピン人女性と少し話をすることができました。(理由は笑えることに自分の母親が同じフィリピン人だと勘違いされたことから始まったのですが・・・)

続きを読む

送金もフィンテックで楽々

大手銀行での送金が減っているなか、セブン銀行はあえて今夏からフィリピン最大手銀行BDOユニバンクと提携、スマートフォンのアプリで送金サービス利用者の増量化をはかりはじめた。

続きを読む

色々な夢を持って訪日した外国人労働者

厚生労働省によると、外国人労働者数は100万人超(2016年10月末時点)。国別では中国が最も多く34万人、次いでベトナム17万人、フィリピン12万人となっている。

労働環境や、日本での仕事の仕方、風習などに関しマイナビによってインタビューが実施された結果、意外な結果が浮き彫りになった。

続きを読む

タイからの留学生

タイからの留学生

つい先日のことである。目黒にある在東京タイ王国大使館前のバス停からぞろぞろと8名のアジア人男性が乗車してきた。

彼らはバスの中でまとまり、周りに老年者や子供を連れた人たちを見かけると席を譲るなどと、とてもマナーがよい若者グループだったので非常に印象深かった。誰一人として大声で話すでもなく、乱れた服装でもなく、爽やかな青年たち。その話し言語からタイの青年たちだと思われた。

続きを読む

最期の住み家

L.P.は大手不動産会社だが、「住み家」という点で最後の住み家・養護老人ホームを手掛けている。

L.P社は2014年ぐらいから、自身らの不動産事業に加え、養護老人ホームの開設を本格的に手掛けており、日本人はもちろん、本格的に外国人労働者の採用を進めてきている。

続きを読む

家事手伝いの職場におけるフィリピン人の事情

交通の便がよい住宅街、または大使館や、外資系の借り上げ住宅が多い地域にいると様々な国の人と出会います。

大使館にお勤めの人、外資系企業にお勤めの人。。。そこに交じって子供たちを連れて歩く東南アジア系の女性たち…いい服を着て買い物をする東南アジア系の女性たち。。。日本で一体何をしているのでしょう?

続きを読む